チルイン製造!有田焼シーシャボウル!


チルインって知ってますか?

有田焼って知ってますか??


http://www.shisha-chillin.com/

まー知ってますよね。

シーシャ界のマクドナルド的存在、日本最大のチェーン店です。

ぼくがシーシャ屋をやるキッカケになったお店。

今、日本にあるシーシャ屋さんって、
必ずどこかでチルインのシステムを通ってる気がします。

メタルバンドで言ったらメタリカみたいな。

いつも世話になってるそこのオーナーさん、
ぉスギさんが、シーシャのオリジナルボウルを製造しました。(けっこー前に)

しかも、なんと有田焼で。


ジャパンメイドのシーシャの器具となると、
気になって気になって夜しか眠れないので、
買って試してみました。

ご紹介します。

どんなボウルよ?


パッと見、こんなボウルです↓


まるで杏仁豆腐みたいな白さ。

論理的に物事を考えて無駄をはぶく、
ぉスギさんらしいシンプルなデザインです。

形状は、ファンネルボウルと呼ばれる形です。

よく見るとわかるんですが、
ロータスやイグニスがしっかり乗るように、
外周にみぞ?段差??があります。


ロータスを乗せても落ちないです。
安全って基本だけど嬉しい配慮です。


もちろんアルミホイルでも作れます。

釉薬(ゆうやく)ってゆー変な液体を塗ってるから
ツルツルして見えるんですが、そのおかげで、シロップや水の染み込みがないです。
耐久性ありそう。

日本の誇り、有田焼


日本のシーシャ屋さんで使われてるボウルは、
たぶんほぼ全て陶器で作られたボウルです。

陶器は、粘土を焼いて作ったってイメージ。

有田焼のチルインのこのボウルは、
磁器と呼ばれるものです。

磁器は、石っぽいので作ったってイメージ。

↓マニアックな陶器と磁器の違い

陶器と磁器でどんな違いが煙に出るのか?

スーパー正直に言うと、

煙の違いは全くわかりませんでした笑


ぼくのただの感覚の話ですが、
熱の伝導が陶器より磁器のほーがやや早く、
炭を置いてから煙が出るまでが早い気がします。

これからまた実験を繰り返してみます。

このボウルでぼくが1番そそられたところは、
やっぱり日本産の有田焼ってブランドです。

世界のシーシャ界に日本人としてどんどん
侍魂を見せていかないと、思っているので、
個人的にこのボウルには学びと夢とフレイバーがたくさん詰まっています。


*フレイバーは12g前後入りました。

しょぼいけど3個プレゼント


新品チルイン有田焼のボウル、このブログを見てくださってる暇な方、3名様だけにプレゼントします。

ぼくのツイッターをフォロー、
ボウルのツイートをお気入り&リツイート、
この2つだけお願いいたします。

ぉスギさんにボードゲームで負けたので、ぼくの自腹でプレゼント。

*なんかしらの方法で、いつしか当選者さんを雑に発表します。


確実に欲しい人は、チルインの店舗に、販売用の有田焼のボウルがあるか、
電話で確認した上で、店頭にて購入して下さい。

有田焼でオーダーメイドでジャパンメイド、
なのに¥2,500、やばい良心的な価格。

家シーシャに日本製の器具を。

次こそはゲームに買って、チルインのお金でプレゼント企画をしてみせます

かいたひと: りょー

高田馬場シーシャ屋ばんびえん。

水たばこがある休憩所。

なるべくいっぱい寝る。

おいしい煙にまみれて生きる。

ふざけながら真面目に進む。

好きな人達に恩返しをする、好きじゃない人達に中指を立てる。


what's new