世界初!?シーシャのピンバッジ!!


シーシャのピンバッジ作ってみました。


だいたいどこにでも好きなとこにぶっ刺せます。


コートに。


ジャケットに。


ハットに。


リュックに。


自分で言うのも何だけど、

こんなにステキなピンバッジ、見たことないです。

ぼくの中ではですが、"世界でぶっちぎりに1番ステキなピンバッジ"です。

今回はこいつのご紹介をさせてください。



キッカケはサプール


ぼく、スーツが好きです。理由は2つです。

1つは、服に興味が無いのと、
スーツとシャツを何着か買えば着回しが楽だからです。

もう1つが、コンゴ共和国のサプールって団体が好きだからです。



サプールについて↓


この人達まじでカッコいい。

煙の紳士団体、シャプールを結成したいほど。

スーツもカッコいいし、考え方も立ち振る舞いも考え方もステキ。


あ、考え方、2回も言っちゃった。


↑サプールが来日したときに会いに行きました。


そしてスーツからピンバッジも好きになりました。

いろんなピンバッジを集めてるうちに、
「なんでシーシャピンズが無いんだろう?」
と思い、待ってても仕方ないので作ってみました。

売れる売れないとかじゃなくて、自分が欲しいから作りました。

無駄にこだわったデザイン


ぼくが世界で1番大好きなブランド、
エジプトの老舗パイプメーカー、KHALILL  MAMOON。通称KM。

そこの、 "hummer oxidized"とゆーステムに"camel"とゆーベースを
くっつけたモデルをピンバッジにしました。


このセットアップ、ぼくはもちろん、
ばんびえんスタッフみんな大好きなデザインです。

それをプロがピンズ用にデザインすると……


カッコよすぎてほんとゴメンなさい。

シーシャ好きが萌えるよーな、
集めて飾っても楽しいピンズを目指して頑張ったつもりです。


勝手に猫支煙


サプールは戦争に対する平和の意思表示。
シャプールは煙に対する紳士の意思表示。とか、そんなこと考えてます。

紳士はどうあるべきなのか?ぼくは紳士じゃないのでわかりません。

でもやっぱり、動物を救いたいって気持ちがあります。

だから、ぼく好きな猫支援やってるNPO法人に、売上の一部を寄付していきます。

(5〜10%の予定です)


名付けて、"勝手に猫支煙"。

(支援とシーシャを絡めて支煙にしてみました)

入場料って形で微々たる寄付が気軽にできるんで、
ちょいちょいネコシェルターに行ってます。

でも不定期で行ってたんで、忙しいときはなかなか行けなかったりして、
なんだかはがゆい想いがありました。

口だけは嫌なんで、ピンバッジを機に、
少しずつちゃんと支煙活動に取り組んでいこーかと思います。

店内全面禁煙とか受動喫煙とか、喫煙者がやたら叩かれる世の中。

世界と比べて恥じる点なんて、他にある気がします。

ぼくの中ではそれが動物の殺処分。
日本の狂った制度を知ったらきっと世界が笑います。

シーシャもくもく吸って動物を救う。
微力ながらぼくはやっていきます。



シーシャピンズ¥3,500
12月10(日)発売予定。限定90個。

かいたひと: りょー

高田馬場シーシャ屋ばんびえん。

水たばこがある休憩所。

なるべくいっぱい寝る。

おいしい煙にまみれて生きる。

ふざけながら真面目に進む。

好きな人達に恩返しをする、好きじゃない人達に中指を立てる。


what's new