憎い焦げ跡にさよなら

家シーシャに付いて回る宿命。避けられない悲劇。


それが 床の焦げ跡


どんなに気をつけていてもやっちゃうときはやっちゃうんですよねー。


気を抜くのは一瞬、焦げは一生というやつです。

一生ではないか……言い過ぎました。


やっちゃったものは仕方ない

遡ること一年前。


ついにやらかして床にくっきり付いた焦げ跡を前に呆然としていた年末のある日、わたしはとりあえずホームセンターに行きました。

近年DIYとか主流だしなんかしらあるだろうと踏んだわけです。


そこで見つけたのがこれ。




クレヨンのようなものを溶かしてフローリングに近い色を作ってカモフラージュするというもの。


いやいや、そんなんいうてどうせ上手くいかないやつでしょ。


半信半疑どころか疑いしかない期待値で購入しました。



そもそも素人でも簡単にできるの?

結論。完全なる素人にもできました。


最大の利点は何度でもやり直しがきくということ。

2~3色の色を混ぜて床の色に近づけていく工程で、失敗した色のまま固まってきちゃったとしても再度溶かしてやり直すことができます。


実際にやってみた完成形こちら。

(二ヶ所あります)



さすがにね……プロのようにはいきません。

近づいて見たら修繕したのがバレバレです。

ただパッと見ではわからないし、なによりも焦げ跡がついてるよりは精神的に何倍もマシ。

そのくらいの感覚です。


肝心の作業工程

必要なものを用意します


・紙ヤスリ

荒いヤスリ()と細かいヤスリ()があるとベター。

なければカッターの刃の裏側で代用OK。


・修繕用のキット


ホームセンターで買いましょう。

だいたいどのメーカーのキットでも暗い色のフローリング用と

明るい色のフローリング用がそれぞれ販売されています。

家の床の色に合わせて選んでください。




すでに忘れかけてたんですけど、一年前のわたし曰くだいたいこんなかんじらしいです。

順を追って説明します。


画像はYoutubeにあった公式の動画から引っ張ってきました。2分程度で見られてしかもめちゃくちゃわかりやすいんで、合わせてどうぞ。

https://youtu.be/E2tgFy3oIl0



1)下準備

まず焦げ跡の部分の床を紙ヤスリで削ります。

荒い紙ヤスリで焦げ跡を抹消したあと、削った木材の毛羽立ちをならす程度に細かい紙ヤスリで軽く擦ります。

紙ヤスリがない場合はカッターの刃の裏側で削ります。

どうせ埋めるんで、これはぶっちゃけ適当でOK。


2)溶かして埋める

クレヨンみたいなスティックの先をコテで溶かします。

溶かしたスティックで削った箇所を埋めます。

この繰り返し。



最初は少量ずつ、薄い色から濃い色を足していく方がやりやすいです。程よい色になるまで薄い色と濃い色を交互に足していきます。

失敗して固まりかけても大丈夫。コテで溶かして何度でも調整できます。

少し盛り上がるくらいまで多めに埋めておくのがポイント。フローリングの色に近い色になったらほぼ終わったも同然。固まるまで30秒くらい待ちます。


3)仕上げ


付属のヘラらしきもので盛り上がった邪魔な部分を平らになるように削って消し去ります。


4)出来上がりを眺めてにこにこします


何度か色調整をやり直したりしたものの、想定以上にお手軽にできました。そして思っていたよりそれっぽくごまかせる! 購入時に疑いしかなくて本当すみませんでした。



注意:賃貸物件に住んでる方へ

賃貸物件の場合、敷金が戻ってくるかどうかや修繕費など退去時に金銭的な問題が絡んできます。

この方法でなんとなくごまかせるとはいえプロが直したわけではありません。

よく見ればすぐにわかります。なのでその辺の期待はしないでください。

あくまで自分が住んでいる間、焦げ跡のストレスから解放される気休め程度に考えてくださいね。

気分的には最高。


耐久度は? 劣化しないの?

以上が昨年の話。作業が完了したわたしの脳裏にあったのは


「今のところなんとかなったけど、時間経ったらベタベタしたり劣化したりするんじゃないの?」


根がひねくれてるので簡単には信じません。というわけで一年後待って再度確認。

それがこちら。


なにも変わってません。

写りが違うので写真で見ると一年前と大分違うように見えるんですけど、実物はなんにも変わってないです。ベタベタもしていないし色合いの変化もありません。

日当たり良好で日光がガンガン当たっている上に夏と冬の気温差が激しい状況下でも全く変化なし。一年経った現在、全くもって変化が見られません。最初から最後まで疑いまくって本当にすみませんでした。


プロに直してもらうのが一番ですが、自分でサクッと簡単にできてなおかつまあまあごまかせるくらいにはなるので個人的には満足です。焦げ跡って目立つし、床見る度に「うげえ」ってならずにはすむようになりました。精神衛生上はめっちゃおすすめ。


あとから気づいたんですが、キットはホームセンターよりネットで探した方が安いです。


かいたひと: コノエ

ばんびえんスタッフ初号機。

 

髪の毛は地毛です。ひっぱらないでね。

 

沖縄いきたい。

 

けむたいやつはだいたいともだち。


what's new