敷金を守る”炭ハコベール”

家で炭を落として床が焼けちゃった……

よくある話です。

床を焦がしてからが”家シーシャ”
とも言われてます。

でも、できたら焦がしたくないのが本音。

焦がす確率を減らす、
”炭ハコベール”の作り方を紹介します

100均は思わぬシーシャ屋

「こんなのあったら便利だなぁ」とか、
「これ高いけど安く作れんじゃない?」とか、
そんなこと思ったら、ぼくはすぐキャンドゥーに行きます。

*高田馬場ビッグボックス内にあります。

”焼き網”。これ、本当すごい。

見たまんま。これで炭運べます。
これだけで炭を落とす確率が減ります。
網から底の部分まで距離もあるので、
底の部分に熱が伝わりにくく、
炭の量が少なければ、直で床に置いても
床が焦げない優れもの。

保険をかける

もし不安だったら、こいつオススメです。

鍋とか置くようのコルク板。

さっきの焼き網の下に、
接着剤でこいつを付けるだけ。
焼き網とコルク板と接着剤、全部で¥300。

炭ハコベール・床マモレール。

かいたひと: りょー

高田馬場シーシャ屋ばんびえん。

水たばこがある休憩所。

なるべくいっぱい寝る。

おいしい煙にまみれて生きる。

ふざけながら真面目に進む。

好きな人達に恩返しをする、好きじゃない人達に中指を立てる。


what's new