いつもと違う場所で吸う

友達少ないし、仕事大好きだから、

休みの日って何していーかわからないです。

 

そして、そのままシーシャ吸ったり仕事したりして休日を終わります。

 

こんなぼくみたいなかわいそーな人へ、

いつもとは違う雰囲気で、楽しく吸える場所を紹介します。

たばこと塩の博物館

たばこと塩の博物館  Tobacco & Salt Museum

 

押上にある博物館。

ここの喫煙所が最高です。

 

下から空気が出て天井が吸う仕組み。

 

なので、真横でたばこ吸われても全く煙が来ない。

 

設備だけでいくらかかってるの?

ってくらい、澄んだ空気を生み出します。

 

日本で最高峰の空気の喫煙所。

 

天候関係なく吸いに行けるのが嬉しいですね。

 

いちお代表に電話して許可をもらって吸ってきました。

キャンプ場

キャンプ場の何が良いって、

水道、トイレ、自販機、だいたい完備されてるんで不便が無いです。

 

テントやタープ持って行けば日陰も作れるし。

 

なによりデイキャンプ(日帰り)は安い。

¥1,000前後で場所を貸してくれます。

 

ただ、キャンプ場は禁煙の場所が多々あるんで、他の人の迷惑にならないよう気をつけましょう。

あんま知られてないけど、中央線の三鷹の近くに調布飛行場があります。

 

そこから40分前後で伊豆諸島に行けます。

 

ぼくは高田馬場に住んでるので、

電車で30分、飛行場までタクシーで10分、

島まで40分、合計80分で島に行けます。

 

飛行機が片道¥15,000くらい、

(往復で¥30,000くらい)

宿泊はキャンプ場で¥2,000くらい、

(テント&寝袋&毛布込み)

メシ代は1泊2日で¥3,000くらいでした。

 

オフシーズンを狙うのがオススメ。

 

島の人にタバコ吸ってもいいか聞いたほーがいいです。島特有の動物や植物を壊さないように、シーシャを楽しく吸いましょう。

ホテルのラウンジや喫煙室

泊まらなくたっていいんです。

 

日帰り温泉とかで施設利用料をしっかり払って、たばこ吸える場所を聞く、それだけ。

 

それだけで、いつもと違う楽しみが生まれます。

 

高めのホテルに行くと、ジュース飲み放題だったりするからステキ。

公園

キャンプ場より気軽に行けて便利なのが公園。

 

SNSを見ると、よく代々木公園でみんな吸ってるのを見ます。(おっけーだったっけ?)

 

禁煙が基本なので、あんまりオススメじゃないけど、喫煙おっけーを確認して、近隣の人に迷惑にならないように吸えば楽しいです。

外で吸うメリット

たまーに吸う場所を変えてみたりすると、

気分も少し変わって楽しくなったりします。

 

近々、友達の会社の屋上で吸ってきます。

かいたひと: りょー

高田馬場シーシャ屋ばんびえん。

水たばこがある休憩所。

なるべくいっぱい寝る。

おいしい煙にまみれて生きる。

ふざけながら真面目に進む。

好きな人達に恩返しをする、好きじゃない人達に中指を立てる。


what's new